p468 / 浄土三経往生文類

浄土三経往生文類


 大経往生というは、如来選択の本願、不可思議の願海、これを他力ともうすなり。これすなわち念仏往生の願因によりて、必至滅度の願果をうるなり。現生に正定聚のくらいに住して、かならず真実報土にいたる。これは阿弥陀如来の往相回向の真因なるがゆえに、無上涅槃のさとりをひらく。これを『大経』の宗致とす。このゆえに大経往生ともうす。また難思議往生ともうすなり。
 この如来の往相回向につきて、真実の行業あり。すなわち諸仏称名の悲願にあらわれたり。称名の悲願は、『大無量寿経』にのたまわく、「設我得仏、十方世界無量諸仏、不悉咨嗟称我名者、不取正覚」
 称名信楽の悲願成就の文。『経』に言わく、「十方恒沙諸仏如来、皆共讃嘆無量寿仏威神功徳不可思議、諸有衆生、聞其名号、信心歓喜、乃至一念、至心回向。願生彼国、即得往生、住不退転。唯除五逆・誹謗正法」
 また真実信心あり。すなわち念仏往生の悲願にあらわれたり。信楽の悲願は、『大経』にのたまわく、「設我得仏、十方衆生、至心信楽、欲生我国、乃至十念、若不生者、不取正覚。唯除五逆・誹謗正法」