p500 / 高僧和讃・正像末和讃
五濁悪世の衆生の
 選択本願信ずれば
 不可称不可説不可思議の
 功徳は行者の身にみてり

天竺  龍樹菩薩
    天親菩薩

震旦  曇鸞和尚
    道綽禅師
    善導禅師

和朝  源信和尚
    源空聖人  已上七人

聖徳太子  敏達天皇元年
      正月一日誕生したまう

当仏滅後一千五百二十一年也

南無阿弥陀仏をとけるには
 衆善海水のごとくなり
 かの清浄の善身にえたり
 ひとしく衆生に回向せん


正像末和讃

  康元二歳丁巳二月九日夜
  寅時夢告云
弥陀の本願信ずべし
 本願信ずるひとはみな
 摂取不捨の利益にて
 無上覚をばさとるなり

正像末浄土和讃

      愚禿善信集
1
釈迦如来かくれましまして
 二千余年になりたまう
 正像の二時はおわりにき
 如来の遺弟悲泣せよ
2
末法五濁の有情の
 行証かなわぬときなれば
 釈迦の遺法ことごとく
 龍宮にいりたまいにき
3
正像末の三時には