p626 / 歎異抄

歎異抄

 竊回愚案(ひそかにぐあんをめぐらして)粗勘古今(ほぼここんをかんがうるに)歎異先師口伝之真信(せんしのくでんのしんしんにことなることをなげき)思有後学相続之疑惑(こうがくそうぞくのぎわくあることをおもうに)幸不依有縁知識者(さいわいにうえんのちしきによらずは)争得入易行一門哉(いかでかいぎょうのいちもんにいることをえんや)全以自見之覚悟(まったくじけんのかくごをもって)莫乱他力之宗旨(たりきのしゅうしをみだることなかれ)(よって)故親鸞聖人御物語之趣(こしんらんしょうにんおんものがたりのおもむき)所留耳底(みみのそこにとどまるところ)聊注之(いささかこれをしるす)偏為散同心行者之不審也(ひとえにどうしんぎょうじゃのふしんをさんぜんがためなりと)云々


 一 弥陀の誓願不思議にたすけられまいらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり。弥陀の本願には老少善悪のひとをえらばれず。ただ信心を要とすとしるべし。そのゆえは、罪悪深重煩悩熾盛の衆生をたすけんがための願にてまします。しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆえに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきがゆえにと云々

 一 おのおの十余か国のさかいをこえて、身命をかえりみずして、たずねきたらしめたまう御こころざし、ひとえに往生極楽のみちをといきかんがためなり。しかるに念仏よりほかに往生のみちをも存知し、また法文等をもしりたるらんと、こころにくくおぼしめしておわしましてはんべらんは、おおきなるあやまりなり。もししからば、南都北嶺にも、ゆゆしき学生たちおおく座せられてそうろうなれば、かのひとにもあいたてまつりて、