p846 / 夏御文

夏御文

1 そもそも、今日の聖教を聴聞のためにとて、皆々これへ御より候うことは、信心の謂われをよくよくこころえられ候いて、今日よりは、御こころをうかうかと御もち候わで、ききわけられ候わでは、なにの所用もなきことにあるべく候う。そのいわれをただいまもうすべく候う。御耳をすましてよくよくきこしめし候うべし。
 それ、安心と申すは、もろもろの雑行をすてて、一心に、弥陀如来をたのみ、今度の我等が後生たすけたまえと申すをこそ、安心を決定したる行者とは申し候うなれ。此の謂われをしりてのうえの仏恩報謝の念仏とは申すことにて候うなり。されば、聖人の『和讃』(正像末)にも、「智恵の念仏うることは 法蔵願力のなせるなり」「信心の智恵にいりてこそ 仏恩報ずる身とはなれ」とおおせられたり。このこころをもってこころえられ候わんこと肝要にて候う。それについては、まず、「念仏の行者、南無阿弥陀仏の名号をきかば、あは、はやわが往生は成就しにけり、十方衆生往生成就せずは正覚とらじとちかいたまいし法蔵菩薩の正覚の果名なるがゆえに、とおもうべし」(安心決定鈔)といえり。また「極楽という名をきかば、あは、我が往生すべきところを成就したまいけり、衆生往生せずは正覚とらじとちかいたまいし法蔵比丘の成就したまえる極楽よ、とおもうべし」(同)。また「本願を信じ、名号をとなうとも、余所なる仏の功徳とおもいて、名号に功をいれなば、