p011 / 仏説無量寿経巻上
光顏巍巍 威神無極
如是焰明 無與等者
日月摩尼 珠光焰耀
皆悉隱蔽 猶若聚墨
如來容顏 超世無倫
正覺大音 響流十方
戒聞精進 三昧智慧
威德無侶 殊勝希有
深諦善念 諸佛法海
窮深盡奧 究其涯底
無明欲怒 世尊永無
人雄師子 神德無量
功勳廣大 智慧深妙
光明威相 震動大千
願我作佛 齊聖法王
過度生死 靡不解脱

22光顔巍巍として、威神極まりましまさず。
かくのごときの焰明、与に等しき者なし。
日月・摩尼 珠光・焰耀も
みなことごとく隠蔽して、猶し聚墨のごとし。
如来の容顔、世に超えて倫なし。
正覚の大音、響き十方に流る。
戒聞・精進・三昧・智慧、
威徳侶なし、殊勝希有なり。
深く諦かに善く、諸仏の法海を念じ、
深を窮め奥を尽くして、その涯底を究む。
無明・欲・怒、世尊永くましまさず。
人雄・師子、神徳無量なり。
功勲広大にして、智慧深妙なり。
光明・威相、大千に震動す。
願わくは我作仏して、聖法の王と斉しからん。
生死を過度して、解脱せずということなからしむ。