p047 / 仏説無量寿経巻下
亦復如是。爾時世尊、而説頌曰
東方諸佛國 其數如恆沙
彼土菩薩衆 往覲無量覺
南西北四維 上下亦復然
彼土菩薩衆 往覲無量覺
一切諸菩薩 各齎天妙華
寶香無價衣 供養無量覺
咸然奏天樂 暢發和雅音
歌歎最勝尊 供養無量覺
究達神通慧 遊入深法門
具足功德藏 妙智無等倫
慧日照世間 消除生死雲
恭敬繞三帀 稽首無上尊
見彼嚴淨土 微妙難思議
因發無上心 願我國亦然
應時無量尊 動容發欣笑


東方諸仏の国、 その数恒沙のごとし。
かの土の菩薩衆、 往いて無量覚を覩たてまつる。
南西北・四維・ 上下、またまた然なり。
かの土の菩薩衆、 往いて無量覚を覩たてまつる。
一切のもろもろの菩薩、 おのおの天の妙華・
宝香・無価の衣をもって、 無量覚を供養したてまつる。
咸然として天の楽を奏し、 和雅の音を暢発し、
最勝の尊を歌歎し、 無量覚を供養したてまつる。
神通と慧とを究達して、 深法門を遊入し、
功徳蔵を具足し、 妙智等倫なし。
慧日、世間を照らして、 生死の雲を消除す。
恭敬して繞ること三 して、 無上尊を稽首したてまつる。
かの厳浄の土の、 微妙にして思議し難きを見て、
因りて無上心を発して、 我が国もまた然らんと願ず。
時に応じて無量尊、 容を動かして欣笑を発し、