p478 / 浄土和讃
(三帖和讃)

浄土和讃

弥陀の名号となえつつ
 信心まことにうるひとは
 憶念の心つねにして
 仏恩報ずるおもいあり
誓願不思議をうたがいて
 御名を称する往生は
 宮殿のうちに五百歳
 むなしくすぐとぞときたまう
『讃阿弥陀仏偈』曰
      曇鸞御造
「南無阿弥陀仏
   釈名無量寿傍経
   奉讃亦曰安養
成仏已来 歴十劫
寿命方将 無有量
法身光輪 遍法界
照世盲冥
   故頂礼
又号無量光 真実明
又号無辺光 平等覚
又号無碍光 難思議
又号無対光 畢竟依
又号光炎王 大応供
又号清浄光 又号歓喜光
大安慰   又号智慧光
又号不断光 又号難思光
又号無称光 号超日月光
無等等   広大会
大心海   無上尊
平等力   大心力
無称仏   婆伽婆
講堂    清浄大摂受
不可思議尊 道場樹
真無量   清浄楽
本願功徳聚 清浄勲
功徳蔵   無極尊