p410 / 浄土文類聚鈔
徳を報ず、理よろしく先ず啓すべし」と。取要 仏恩の深重なることを信知して、『念仏正信偈』を作りて曰わく、
西方不可思議尊、法蔵菩薩因位の中に、
殊勝の本弘誓を超発し、無上大悲の願を建立せり。
思惟摂取するに五劫を経たり。菩提妙果、上の願に酬えたり。
本誓を満足するに十劫を歴たり。寿命延長、よく量ることなし。
慈悲深遠にして虚空のごとし、智慧円満にして巨海のごとし。
清浄微妙無辺の刹にして、広大の荘厳等しく具足せり。
種種の功徳ことごとく成満せり、十方諸仏国に超逾せり。
普く難思無碍の光を放ちて、よく無明大夜の闇を破す。
智光明朗にして慧眼を開く。名声、十方に聞こえざることなし。
如来の功徳はただ仏のみ知ろしめせり。仏法蔵を集めて凡愚に施す。
弥陀仏の日、普く照耀す、すでによく無明の闇を破すといえども、
貪愛・瞋嫌の雲霧、常に清浄信心の天に覆えり。
たとえば日月・星宿の、煙霞・雲霧等に覆わるといえども、
理宜先啓。取要 信知仏恩深重、作念仏正信偈曰、
西方不可思議尊、法蔵菩薩因位中、
超発殊勝本弘誓、建立無上大悲願。
思惟摂取経五劫。菩提妙果酬上願。
満足本誓歴十劫。寿命延長莫能量。
慈悲深遠如虚空、智慧円満如巨海。
清浄微妙無辺刹、広大荘厳等具足。
種種功徳悉成満、超逾十方諸仏国。
普放難思無礙光、能破無明大夜闇。
智光明朗開慧眼。名声靡不聞十方。
如来功徳唯仏知。集仏法蔵施凡愚。
弥陀仏日普照耀、已能雖破無明闇、
貪愛瞋嫌之雲霧、常覆清浄信心天。
譬猶如日月星宿、雖覆煙霞雲霧等、