p089 / 仏説観無量寿経

佛説觀無量壽經

宋元嘉中畺良耶舍譯
如是我聞。一時佛、在王舍城 耆闍崛山中、與大比丘衆 千二百五十人倶。菩薩三万二千。文殊師利法王子 而爲上首。
爾時王舍大城、有一太子。名阿闍世。隨順調達 惡友之教。收執父王 頻婆娑羅、幽閉置於七重室内。制諸群臣、一不得往。國大夫人、名韋提希。恭敬大王、澡浴清淨、以酥蜜和麨、用塗其身、諸瓔珞中、盛蒲桃漿、密以上王。爾時大王、食麨飮漿、求水漱口。漱口畢已、合掌恭敬、向耆闍崛山、

仏説観無量寿経

宋の元嘉中に畺良耶舎訳す
 1かくのごとき、我聞きたまえき。2一時、仏、王舎城耆闍崛山の中にましまして、大比丘衆千二百五十人と倶なりき。菩薩三万二千ありき。文珠師利法王子をして上首とす。
 3その時に王舎大城に一の太子あり、阿闍世と名づけき。調達悪友の教に随順して、父の王頻婆娑羅を収執し、幽閉して七重の室の内に置く。もろもろの群臣を制して、一も往くことを得しめず。国の大夫人あり、韋提希と名づく。大王を恭敬して、澡浴清浄にして、酥蜜をもって麨に和して、もってその身に塗り、もろもろの瓔珞の中に蒲桃の漿を盛れて、密にもって王に上む。その時に大王、麨を食し漿を飲みて、水を求めて口を漱ぐ。口を漱ぐことすでに已りて、合掌恭敬して、耆闍崛山に向かいて、はるかに