p135 / 無量寿経優婆提舎願生偈(浄土論)

無量寿経優婆提舎願生偈

婆薮槃頭菩薩造
世尊我一心 歸命盡十方
無碍光如來 願生安樂国
我依修多羅 真實功德相
説願偈總持 與佛敎相應
觀彼世界相 勝過三界道
究竟如虚空 廣大無邊際
正道大慈悲 出世善根生
淨光明滿足 如鏡日月輪
備諸珍寶性 具足妙莊嚴
無垢光炎熾 明淨曜世間
寶性功德草 柔輭左右旋
觸者生勝樂 過迦旃隣陀
世尊、我一心に、尽十方
無碍光如来に帰命して、安楽国に生まれんと願ず。
我修多羅、真実功徳の相に依って
願偈を説いて総持して、仏教と相応す。
かの世界の相を観ずるに、三界の道に勝過せり。
究竟して虚空のごとく、広大にして辺際なし。
正道の大慈悲は、出世の善根より生ず。
浄光明満足すること、鏡と日月輪のごとし。
もろもろの珍宝の性を備えて、妙荘厳を具足せり。
無垢の光炎熾にして、明浄にして世間を曜かす。
宝性功徳の草、柔軟にして左右に旋れり、
触るるもの勝楽を生ずること、迦旋隣陀に過ぎたり。