p975 - 976 / 御文名

御文名

第一帖

ある人いわく 760
出家発心 761
猟漁 762
自問自答 763
雪の中 765
睡眠 766
弥生なかぱ 766
大津三井寺 768
優婆夷 769
一〇 吉崎 770
十一 電光朝露・死出の山路 771
十二 年来超勝寺 772
十三 三経安心 773
十四 立山・白山 774
十五 宗名・当流世間 775

第二帖

御浚え 777
すべて承引 778
神明三か条 780
超世の本願 782
珠数 783
掟・他力信心 784
五戒・易往 784
本師木仏 785
忠臣貞女・外典 787
一〇 それ当流聖人・仏心凡心 788
十一 五重の義 789
十二 人間五十年・四王天 790
十三 御袖 791
十四 秘事法門 792
十五 九品・長楽寺 793

第三帖

摂取と光明 795
如説修行・成仏 796
河尻性光 798
大聖世尊 799
諸仏悲願 800
願行具足 802
三業 803
不回向 804
鸞聖人・御命日 806
一〇 神明六か条 807
十一 毎年不闕 810
十二 宿善有無 811
十三 それ当流門徒中 812

第四帖

念仏行者 813
人間寿命 815
当時世上 816
三首御詠歌 817
中古已来 819
三か条 820
六か条 822
八か条 824
疫癘 827
一〇 いまの世にあらん女人 827
十一 機法一体 828
十二 毎月両度 828
十三 秋去り春去り 829
十四 一流安心 830
十五 大坂建立 831

第五帖

末代無智 832
八万の法蔵 833
在家の尼女房 833
男子も女人も 833
信心獲得 834
一念に弥陀 834
それ女人の身は 835
五劫思惟 836
安心の一義 837
一〇 聖人一流 837
十一 御正忌 837
十二 御袖すがり 838
十三 六字名号・無上甚深 839
十四 上臈下主 840
十五 それ弥陀如来 841
十六 白骨 842
十七 それ一切の女人 842
十八 当流聖人 843
十九 末代悪人女人 843
二〇 女人成仏 843
二一イチ 当流安心・経釈明文 844
二二 当流勧化 844